相模原市中央区のスズキバイクショップ。
スズキ新車バイク販売、中古車販売、各種メンテナンス、カスタムなど

042-752-3804

日刊☆三代目

スウィッシュ、オイル交換のやり方!のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、桑田佳祐さんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

誰もが知るサザンのボーカル!
ソロ曲も名曲多めです!
「明日晴れるかな」は好きで今でもちょこちょこ聴きます!
お誕生日おめでとうございます!

今回は少し視点を変えて、オイル交換の作業要領をご紹介!

アメブロの時は何回か書きました(・∀・)
少し特殊なスズキ・SWISHをご紹介!

スウィッシュは(乗車状態で見て)車両左側で全て解決します!

エンジンの脇を覗くと、

これがドレンで抜く口です。

ここが注入口!

ドレンを外すと、オイルが出てきます!
その際、オイル受けで量のわかりやすいものを使うと、オイルの状態だけでなく、
出てくる量も何となくわかるので、次のオイル交換時期を決めるのに便利です!

ドレンガスケット(パッキン)は新品に交換しましょう!

ドレンを規定トルクで締め付けます!
ここのネジを壊してしまうと、エンジンを分解しないといけないので、要注意です!!!

注入口のキャップを外します!

先はゲージになっており、「ネジ込まず」差して量をチェックします!
この状態で見ると、右がロア(下限)、左がアッパー(上限)です。
また、どのバイクもそうですが、
「平なところで車体がまっすぐな状態」
でオイル量を見ます!
スクーターはセンタースタンドが付いているものが多いので心配は少ないですが、
センタースタンドのないバイクは真っ直ぐに立てて見ましょう!

オイルを入れます!
オイル交換時の指定量は650ccです!

量は上いっぱいです!

少しエンジンをかけ、少し置いたら再度量をチェック!

量を上限近くまで足したら、作業完了です!
この際、入れすぎに注意です!

オイル交換後は、しっかりとオイルチェンジのランプを消します!

消したら、次回の点灯タイミングを確認しておきます!

いかがでしたでしょうか?

スウィッシュは入れ口が狭く、非常に入れづらいですね(・ω・)
ただ、あっちから抜いてこっちで入れてというのがないので、その点は楽です!

最近はオイル交換だけでは終わらずに、その後の調整や設定があるので、
それも各車ご確認下さい(・∀・)

行程的には抜いて入れるだけですが、間違えたりすると大変な事態に陥りますので、ご注意下さい!

この度は、ご利用ありがとうございました!!!

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です