相模原市中央区のスズキバイクショップ。
スズキ新車バイク販売、中古車販売、各種メンテナンス、カスタムなど

042-752-3804

日刊☆三代目

[三年保証修理]SV650、冷却水漏れ!のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、碇シンジさんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

シンジ、エバァ~に乗れ~(・ω・)
シンジ、エバァ~に乗れ~(・ω・)
シンジ、エバァ~に乗れ~(・ω・)
お誕生日おめでとうございます!

先日、SV650で冷却水漏れのご相談をお受けしました!

エンジンに漏れて乾いた跡が!

ラジエーターのカバーを外してみると、

白い跡が!
クーラントですね(・ω・)

こちらのホースから漏れているみたいです!

そこそこの勢いです(・ω・)

当店オリジナルの三年保証の三年目の保証がまだ残っているので、ホースをゴッソリと交換していきます!!!

まずは、冷却水を抜きます!

抜けたら、ホースを取り外します!
クランプの位置や向きなどをしっかりと記憶!

反対側を覗くためにタンクを上げますが、

上からのアクセスは無理そう(;^ω^)

だいぶ奥の方ですが、工具をあれこれ使い、

何とか取り外し!

漏れた跡を綺麗にします!

ピカピカ(・∀・)

そしたら、新品のホースとクランプを取り付けていきます!

お取り付け完了(・∀・)

冷却水を抜いたボルトをしっかりと締めたら、

冷却水を補充していきます!

車体をゆっさゆっさ揺すり、

冷却通路の空気を抜き、通路内を冷却水で満たします!

ある程度エア抜きができたら、エンジンをかけ、本格的にエア抜きをします!

ラジエーターをちょこちょこ触り、しっかりと冷却水が行き渡っているか確認をします!

電動ファンが回るくらい暖機をし、

止まったら、エンジンを切ります!

お次はエンジンを完全冷機し、冷却水の量の調整を行います!

しっかりと補充(`・ω・´)

リザーバータンクにもしっかりと補充を(`・ω・´)

バンドの締め付けも再度確認をします!

ラジエーターキャップの回り止めも締めたら、作業完了(`・ω・´)ゝ

ついでにドライブチェーンを調整!

清掃!

給油!

たまに「白い跡」が付いたバイクが入庫しますが、それは冷却水漏れの可能性があります!
今一度、ご自身のバイクを確認してみて下さい!

三年目の保証が残っており、お客様のご負担なく、しっかりと作業をすることが出来、一安心でした(´▽`)
当店でご購入頂いた126cc以上のオートバイは全て三年保証です!
車検のあるバイクは初回車検まで保証が効きますので、安心してお乗り頂けるかと思います!

オートバイ購入の際の検討材料としてお考え頂ければ幸いです(*^^*)

保証が切れるギリギリで見つかり、本当に良かったです!
また、大きなトラブルにもならず、そこも良かったかと思います。
また何かありましたらご相談下さいませ!

この度は、ご利用ありがとうございました!!!

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。