相模原市中央区のスズキバイクショップ。
スズキ新車バイク販売、中古車販売、各種メンテナンス、カスタムなど

042-752-3804

日刊☆三代目

ジクサー、中古車納車整備!②のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、香川照之さんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

いまだに半沢直樹での常務役が忘れられません!
最近は、トヨタイムズのCMでよく見ますね!
これからも力強いご活躍を期待しております(・∀・)
お誕生日おめでとうございます!

ご成約頂いたジクサーのご納車整備を進めます!

キャリパーを清掃していきます!
まずは、前!

ピカピカ(・∀・)

パッドなども

ピカピカ(・∀・)

お次はリヤキャリパー!

ピカピカ(・∀・)
綺麗にするだけでなく、潤滑剤で動きをよくします!

構成部品も

ピカピカ(・∀・)

キャリパーを組み付け、ホイールを取り付けたら、チェーンを取り付けていきます!

好評のRKチェーンの「MRU2」

ゴールドメッキがたまらなくカッコイイ(・∀・)

チェーンを一周通したら、ジョイントで繋ぎ、

特殊工具でプレートを圧入していきます!

軽く入れたら、キチンと入っているかを確認し、本格的に入れていきます!

ノギスで圧入具合を確認しながら、慎重に入れていきます!

プレートの圧入が終わったら、ジョイントの頭を潰し、カシメ作業に入ります!
こちらもノギスで規定量を測りながらの作業です!

チェーンのお取り付けが完了!

調整し、リヤ周りは終わりです!
この眺め、たまらなくカッコいい(*´ω`*)

お次はエンジン周り!

エアクリーナーフィルター!

ちょっと黒っぽいですね(・ω・)

新品を用意しておいたので、交換です!
新品と比べると、汚れ具合も一目瞭然!

お次はスパークプラグ!

こちらも交換です!
外したプラグはまっくろくろ!
5,000km程ですと、NGKの指定時期なので、ちょうど良かったかな(・ω・)?

お次は、エンジンオイルとオイルフィルターの交換!

オイルフィルターはしっかりと仕事をしてくれていたようですね(・∀・)

カバーを清掃し、新品のフィルターとOリングを組み付けます!

エンジンオイルは減りなしでした!

が、当店オリジナルのジクサー専用減りにくいオイルを入れておきます!
何でも対策しておくのが大事ですから( ´ ▽ ` )

規定量入れたら、エンジンをかけ、オイルを回します!

減った分はしっかりと入れます!

これでOK(`・ω・´)ゝ

スピードセンサーローターを取り付け、

スプロケットカバーを取り付ける前に、周辺を増し締めしていると、
ギヤポジションセンサーのところに緩みを発見!
軽いネジロックをつけ、締めておきます!

スプロケットカバーを清掃!

ピカピカ(・∀・)

スピードセンサーを綺麗にして組み付け!
見逃しがちですが、大事な部分です( ´ ▽ ` )

と、まだまだ終わらない納車整備!

色々と気になると止まりません(^^;)
ということで仕上げの作業へと進みます!

明日はお休みとなりますので、木曜日にまたお付き合い下さい( ´ ▽ ` )ノ

では(*・ω・)ノシ

ジクサー、中古車納車整備!①のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、久石譲さんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

この人の音楽を聴いてない世代はないのでは?
というくらい有名な方ですね!
伝説的作曲家(・∀・)
お誕生日おめでとうございます!

先日、ジクサーの中古車をご購入頂きました!
走行距離は、5,091kmでした!

当店にしては珍しい中古車!
たまたま店頭にあったものを気に入って頂き、ご契約頂きました( ´ ▽ ` )

早速点検スタート!

まずは、フロント周りから!
少し心配だったステムベアリングは問題なし!
ホイールのベアリングも良好でした!
グリスを塗り替え、組み付けます!

外装を外そうとしたら、一部ワッシャーが変わってました!
これは交換だな(・ω・)

ということで、外装取り外し完了(`・ω・´)ゝ

チェーンの状態があまり良くありません。
プレート自体が、上を向いたり、下を向いたりしてます。
ジクサーなどの海外系生産モデルではあるあるなので、長く乗って頂く為にも、チェーンも交換します!

まずは、スプロケットカバーを開け、

センサーローターを取り外し、スプロケットボルトを緩めます!

純正チェーンはクリップ式なので、

それを取り外し、ジョイントも取り外します!

ダラーンとなったチェーンを

ホイールを回し、取り外します!
ホイールの躍動感…(・ω・)!

チェーンが取り外せたところで、

フロントのスプロケットを取り外します!

お次は、リヤ周りに着手!

ホイールを取り外し、チェック!
ベアリングは問題なしでした!

リヤスプロケットを取り外していきます!

取り外せました!

ここからは清掃タイム!!!
フロントスプロケット周り!

ピカピカ(・∀・)

スイングアーム裏も

ピカピカ(・∀・)

スプロケットの付いている土台も綺麗にします!

ピカピカ(・ω・)

清掃がひとしきり終わったら、組み付けていきます!
まずは、リヤスプロケット!

黒だったっけ?と思ったらこれも塗ったみたいですね!
こだわりの強さを感じます!
歯は減っているかわからないレベルです(・ω・)

規定トルクで締め付けて、組み立てます!

スプロケットの取り付くところも綺麗にし、

スプロケットハブダンパーも交換です!
少ししか乗ってない車両でもガタは出ているものもあるので、交換はマストかもしれませんね(・ω・)

組み付きました!

フロントスプロケットも交換!

同じく歯の減りはわかりませんでした(・ω・)

組み付け!
その際、プレートも減っていることが多いので、一緒に交換をオススメ致します!

と中途半端ですが、長くなりそうなので、今日はここまで!

明日は、キャリパーの清掃などをやっていきます!

では(*・ω・)ノシ

アドレスV50、リヤタイヤパンク・Vベルト交換!のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、壇蜜さんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

以前、バンバン200とバーグマン200を所有していると何かで見たことがあるのですが、
いまだにそれは持っているのでしょうか?
スズキが誇る200ccの名車(・∀・)
お誕生日おめでとうございます!

先日、アドレスV50でパンク修理とVベルトの交換をご依頼頂きました!

リヤタイヤを見てみると、

溝は少ないものの、接地面には特に問題もなく、

サイドが裂けていました…!

動画だと、こんな感じ。

横の亀裂や損傷は修理ができないので、交換となりました。
溝もなかったので、ちょうどいい交換時期でした。

と、その前にVベルトなどの消耗品の交換も時期なので、交換依頼をお受けしました!
先にその作業を進めます!

カバーを開け、

中身を全て取り出します!

ケース内を清掃!
ピカピカ(・∀・)

レッツ4系はウエイトローラーが見てわかるくらい減りますね。
レッツ4系は、Vベルトよりもこっちを注意した方が良いかもしれません。

構成部品を綺麗にしていきます!

ピカピカ(・∀・)

こちらも

ピカピカ(・∀・)

ハウジングやシューも

ピカピカ(・∀・)

ハウジングのこの中の汚れは乗り心地に大きく影響してくるので、
組み付け前にしっかりと清掃してあげます!

と、全てが綺麗になったら、組み付けていきます!

まずは、ウエイトローラーを組み付けます!

向きに注意!!!

ベルトを組み付けていきます!

前後のナットを規定トルクで締め付けます!

だらんとなっているベルトを

キチンと張ります!

フタをする前にベルトの進行方向をチェック!

さらにさらに、フタをする前に、スペースが取れるので、スパークプラグも交換します!

新品との比較!

少しだけ丸く減ってますね。

駆動系のカバーを取り付けたら、タイヤ交換!

と、その前にオイル交換もします!
タイヤを換えている間に、抜け切るよう先にオイルを抜きます!

マフラーを取外し、

ホイールを車体から取外します!

今回は、DUNLOP製「D307」を使います!
今までは、MICHELINでしたが、コロナになり、海外銘柄は調達しづらくなってしまったので、
原付系のタイヤはミシュランからダンロップに変更しました。

新品との比較!

ダンロップ製のD307はタイヤとホイールの圧着面にひげが生えており、それが噛むと空気が漏れてしまうので、
それを両面・全周綺麗に切り取ります!

こんな感じ(・∀・)

タイヤを組み付け、空気を入れたら、タイヤの組み換え作業は完了!

ブレーキ周りを綺麗にします!

エアーでシュッと(・∀・)
それだけでもだいぶブレーキカスは取れます!

ホイールを車体に組み付けます!

この辺りも綺麗にして、様子を見ないといけませんね。

マフラーを取り付け、タイヤ交換は完了(`・ω・´)ゝ

抜いておいたオイルはそこそこ抜けているので、エンジンは問題なさそうですね(・∀・)

オイルを入れ、エンジンを始動して、量を調整したら、全工程が完了です!

サイドからのエア漏れは、外部からの損傷もそうですが、空気圧不足で長い間乗ると、
タイヤが潰れ過ぎて、そこから裂けてくることもあります!
空気圧の調整は「月に一度」最低でも、二カ月経ったら入れるように心がけて下さい!

今回は突然のトラブルでしたが、しっかりと解決できて良かったです!
消耗品も交換し、しばらくはこれで安心ですね(*´▽`*)
また何かありましたら、ご相談下さいませ!!!

この度は、ご利用ありがとうございました!!!

GSX-S750、年式違い純正マフラーカスタム!のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、宮﨑あおいさんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

透明感の塊ですね(・∀・)
昔から変わらないところもすごい!
お誕生日おめでとうございます!

GSX-S750の純正マフラーカスタムをご依頼頂きました!

ご購入後から色々とご相談頂いていたカスタムで良い出物が出たそうで、
それを点検時にお持ち込み頂きました(・∀・)
まずは、純正装着はこんな感じ!

純正を取り外し、比較します!

カバー部分とエンド部分が違います!

マフラーガスケットを交換します!

装着後はこんな感じ!

差し色的に入ったシルバーが合う!!!
めちゃくちゃかっこいい純正カスタムとなりました( ´ ▽ ` )

最後に同じような角度からの比較!

重たい雰囲気から軽い雰囲気に変わりました!
とてもセンスのあるカスタムで参考になりました(*´▽`*)

今回も遠くからのご入庫ありがとうございました!
一年快適にお乗り頂けるように作業させて頂きました!
またオイル交換でもお待ちしております\(^^)/

この度は、ご利用ありがとうございました!!!

GSX-S750、1年点検!のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、林家ペーさんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

愉快な夫婦の旦那様!
見ているだけで元気になります(・ω・)
お誕生日おめでとうございます!

先日、GSX-S750の1年点検をご依頼頂きました!

赤と白と黒の配色がかっこいいです(*・ω・)
ご購入後、初回の一年点検です!

まずは、フロント周り!
各部ベアリングをチェックしましたが、問題なしでした( ´ ▽ ` )

フロントキャリパーの清掃をします!

ピカピカ(・∀・)

パッドなども

ピカピカ(・∀・)

反対側のキャリパーも

ピカピカ(・∀・)

キャリパーが取り付いたら、ホイールセンサーを綺麗にし、取り付けます!

お次はリヤ周り!

リヤも各部ベアリングをチェックします!
問題なしなので、スイングアーム裏を清掃し、ホイールを取り付けます!

リヤキャリパーの清掃を行います!

ピカピカ(・∀・)

パッドなどの構成部品も

ピカピカ(・∀・)

キャリパーを組み付けたら、ホイールセンサーを綺麗にし、組み付けます!

外装を取り外し、

タンクを上げたら、エンジン周りのチェック!

エアクリーナーボックスを取り外し、

スパークプラグをチェックしていきます!
エアブローでできる限り、エンジン上のゴミを除去し、

プラグを取り外します!

先端が細かくて見えづらいので、虫眼鏡でチェック!

先端はあまり減ってなさそう!

距離もまだまだ使えそうな距離なので、そのままお取り付けをします!

締められるところは緩みチェックもしておきます!

エアフィルターのチェック!

汚れてはいるものの、まだ元の色も残っているので、こちらも続投です!
清掃不可のフィルターなので、そのままお取り付けします!

スプロケット周りのチェック!

冷却水のリザーバータンクに給水をし、

清掃をして、カバーを取り付けます!

サイドスタンドとシフトレバーの清掃・給油!

グリスをしっかりと塗り、組み付けます!

お次は、レバーの清掃・給油!

ピカピカ(・∀・)

フロントマスターシリンダーの漏れチェックも行います!

クラッチレバーの遊びは、レバー側に少しだけ調整幅を残し、

根元でしっかりと調整していきます!
レバー側だけで遊びを調整すると、お客様自身で調整ができなくなってしまう恐れがあるので、
当店のちょっとした気遣いです(*´▽`*)

うん、OK(`・ω・´)

ここからエンジンオイルを交換し、

ラジエーター側の冷却水のチェック!

バッテリー充電をし、

エンジンをかけ、

オイル量を調整したら、

冷却ファンの作動を確認し、

各部緩みチェック
各可動部への給油
を行い、試乗チェックをし、ご納車となりました!!!

ご納車から一年だから大丈夫。とは言い切れないので、できる限り見れるところはチェックさせて頂きました!
こういう初期のころからのしっかりした作業が後々変わってきますので、とことんまで見てもらいましょう(*´▽`*)

新車時には塗られていない箇所にしっかりとグリスを塗らせて頂いたので、
乗り味が変わったかと思います!
また一年、快適に楽しくお乗り下さいませ(*^^*)
ツーリングイベントへのご参加もお待ちしております\(^^)/

この度は、ご利用ありがとうございました!!!

レッツバスケット、シャッターが開かなくなってしまった。のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、カルーセル麻紀さんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

喧嘩っ早く怖いというイメージがありますが、意外と小柄なんですね!
今でこそ、理解のある世界ですが、当時は色々と苦労されたそうで。
それでも自身を貫かれたのが本当にすごいです。
お誕生日おめでとうございます!

先日、レッツバスケットでシャッターが開かない!とご相談を頂きました!

早速確認をすると、ここまでしか出ません!

車体右側で引っかかってます。

シャッターの左右のカバーを外してみると、

巻が甘くなり?それが引っかかります。

バラしてみないとわかりませんね。

ということで外していきます!

まずは、バスケットの底のカバーを開け、

こちらのクリップを取り、カバーを外します!

後はスクリューを外せば、

バスケットが取り外せます!

久しぶりで要領がわからず、Sマークのカバーを外しましたが、関係ありませんでした(・ω・)

というより、なぜ外れるんだろう(・ω・)

これでいよいよシャッターが外れます!

外れました!

バスケットもシャッターもないレッツバスケットは少し新鮮(・∀・)

シャッターをバラして原因を探ります!

まずは、裏返して、

このスクリューを外していきます!

そうすると、シャッターの端っこが取れます!

お次はカバーを取り外します!

シャッターの幕とステーだけになりました!

よく見てみると、

幕のストッパー部分が切れて、外れかけてました!

これが絡んでたんですね(・ω・)

スクリューを取ると、

ステーが外れ、

シャフトも外れ、バラバラになりました!

今回は幕の交換だけで何とか直りそう( ´ ▽ ` )

新品の幕を取り寄せます!

通常はこんな感じなんですね(・ω・)

シャッターの手持ち部分を組み立て、

ステーも組みたて、

カバー入れながら、組み付けると、シャッターの完成!

急な完成ですが、組み立てが上手くいかず焦っていたので写真が少なくなってしまいました(´ω` )

シャッターを車体に取り付け、

バスケットも取り付けたら完成!!!

最後に、シャッターがちゃんと出てきて

巻取られて戻るかを確認します!

問題がなければ、こちらでご納車となります!

初めてシャッターをバラしましたが、やってみると案外簡単なものですね!
仕組みを考えながらやると、なるほどと納得します(・∀・)

今回は新車保証でご負担なくでき、良かったです!
これだから、新車は安心ですね( ´ ▽ ` )
また何かありましたら、ご相談下さい!

この度は、ご利用ありがとうございました!!!

スカイウェイブ250、フロントホイールがガタガタする。のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、寺門ジモンさんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

先週?水曜日のダウンタウンに出られていて、初めて関西出身だと知りました!
そんな感じがなかったので、驚きました!
意外な出身地の方って多いですよね(*・ω・)
お誕生日おめでとうございます!

先日、スカイウェイブ250でフロント周りからコトコトと音がする!
とご相談を頂きました!

センタースタンドを立てた後に「コトン」や「カタカタ」と音がなったりするそうですが、
原因はフロントホイールベアリングでした!

ベアリング自体にガタが出てしまっており、ホイールに衝撃(車体縦方向)が加わると、
そのガタの分だけ動くので、「コトコト」や「カタカタ」と音がします!

早速、交換です!

ホイールを取り外し、

コッパなどを敷き、ホイールを寝かします!

こちらのオイルシールの中にベアリングがいます!

シールを取り外し、

ベアリングプーラーで抜き取ります!
プーラーなので、プル(引く)して取る工具です!
工具は名前を見れば、どういう使い方が想像できるので、ご購入の際は、ご参考下さい(・∀・)

雑学なんかを挟みつつ、ベアリングを見てみると、
グリスが古そうながらも、綺麗っぽい?
フチはサビ多めですね!

スペーサーを取り外します!
左右ベアリング間にあり、左右間の距離を取っている部品です!

お次は反対側!

同じようにシールを取り除きます!

サビがすごいですな(・ω・)

ベアリングは…

こちらもすごそうな予感(・ω・)

反対側と同じように綺麗っぽい?

交換するベアリングなので、シール面も開けてみます!

こちらはサビがすごいですね!
シールされていると入りづらい反面、入ったら出づらいですからね。

反対側もめくります!

こちらもサビサビ(・ω・)

見てみないとわからないものですね。

取り付け面を綺麗にします!

中のサビを落としましたが、

うーん、あまり変わらないか…( = =)

新しいベアリングを圧入していきます!

その前にグリスを充填します!

圧入!

新しいスペーサーを入れ、

反対側もグリスを充填し、

圧入!!!
ベアリングはすき間を作っての圧入ですが、右側にそれを作ります!

オイルシールも、もちろん新品!

新しいシールは品番が変わり、ちゃんとパッキンされるようになってます!

旧品と比べると、こんな感じ!
古いものが付いている方は、これを交換するだけでもベアリング損傷の予防になりそうですね(*´▽`*)

両面圧入し、作業が完了しました!

ホイールを車体に組み付け、ホイールの回りを確認し、お渡しとなりました!

なかなか気付きづらいベアリングトラブルでした!
自分のはどうだろう?という方は一度センタースタンドを立てて、降ろすとわかりやすいかもしれません!
カタンとフロント周りからしたら詳しく点検に出してみて下さい!

今回は悪化する前に見つかって良かったです(*´▽`*)
また今後も何かありましたら、お待ちしております!!!

この度は、ご利用ありがとうございました!!!

Vストローム650XT、センタースタンドお取り付け!のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、外食の日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

日本フードサービス協会が1984年に制定!
いつも家事で忙しい母親の労をねぎらおうと、「勤労感謝の日」を記念日としたそう!
いい記念日ですね(・∀・)
今日は間に合わないので、来年に実行したいな(・∀・)

昨日、ETCのお取り付け記事を書いたVストローム650XT
今日はセンタースタンドをお取り付けしていきます!

ここに取り付きます(・∀・)

センタースタンドの箱を開封!

スタンド以外の内容はこんな感じ!

ストッパーにゴムクッションの取り付けからスタート!

まずは、ステーを左右取り付けます!

スタンド本体を用意し、

カラーをお取り付け!
長さが違うので、要注意!
取り付け部の厚みを見れば一発ですが(・∀・)

動く部分にグリスを塗り、

本体を取り付けます!

左右ともにしっかりとボルトで留めたら、

スプリングをかけていきます!
ここが一番の難所です(((;^^)))

よっこらせとかけたら、

スタンドの取り付けは完了!

左側はスタンドがはみ出るため、バンクセンサーを交換します!

長いものをお取り付け!

センタースタンドかけ、使用に問題がないか確認をしたら、作業完了!!!

650ccのアドベンチャーがセンタースタンドで立っていると迫力があります(・∀・)

これくらいの排気量であればコツ次第でひょいっと、スタンドを掛けられます(`・ω・´)

チェーンのメンテナンス性がバツグンになるので、オススメの商品です(^o^)

車両購入と合わせてのご相談おまちしております\(^^)/

今回は快適装備をお取り付けさせて頂いてのご納車でした!
ガンガンと乗ってお楽しみ下さい(*´▽`*)
これからしっかりとサポートさせて頂きます!!!

この度は、ご購入ありがとうございました!!!

Vストローム650XT、ETCお取り付け!のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、aikoさんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

カラオケでaikoさんの曲を歌う女の子に悪い子はいないですよね(・∀・)
統計を取ったわけではないのですが、何となくそんな気がします(・ω・)
お誕生日おめでとうございます!

先日、新車でVストローム650XTをご購入頂き、
センタースタンドとETCのお取り付けもご依頼頂きました!

青いホイールがめちゃくちゃカッコイイ(*´▽`*)

まずは、ETCを取り付けていきます!
隣の電源取り出しハーネスは使いませんでした(;^^)

まずは、外装を取り外していきます!

こんな感じ!
KTMっぽく感じるのは僕だけでしょうか(・ω・)

配線を通すのに、メーター周りもゴッソリと取り外します!

アンテナとインジケーターの設置場所を探します!

サイド周りも取外し、

タンクを少しだけ持ち上げます!

これでしっかりと配線が通せました(・∀・)

テールカウルも取外します!

外すとスッキリするので、綺麗に配線がまとめられます(*´▽`*)

配線を傷めないよう、カプラーで電源を取り出します!

電源を取り、配線をまとめていきます!

本体は車載工具の上に設置できそう!

スッポリと(・∀・)

収まりました!

こんな感じです!

インジケーターはメーター横に設置しましたが、写真を撮り忘れてしまいましたm(__)m

スッキリとまとめて、一見して付いてないような感じで綺麗に取り付けられました(*´▽`*)

明日はセンタースタンドを取り付けていきます!
では(*・ω・)ノシ

アドレス125、減速時エンスト。のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、ピザの日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

最近、食べてない気がします(・ω・)
ピザって特別感があっていいですよね(・∀・)
パーティ的な!

先日、アドレス125で減速をしている時にエンジンが止まってしまうと
ご相談頂きました!

大人っぽい深めの赤です( ´ ▽ ` )

色々と試し、お時間がかかってしまいました(^_^;)

スズキの故障診断コンピュータ「SDS-Ⅱ」を使い、

ドライブレコード(走行ログ)を取り、何とか無事解決!

お客様からも修理後、「止まらなくなり安心した。」とお聞きでき、僕らも一安心( ´ ▽ ` )

これに関しては、何が悪かったという記載は避けさせて頂きますが、走行ログを使っての故障診断も有効的ですね。

当店はスズキの故障診断機「SDS-Ⅱ」の設置店です!

FIランプやエンジン警告灯が点灯または、点滅された方はお気軽にお問い合わせ下さい!

※この修理に関しての技術的な質問はお受けできませんので、ご理解の程よろしくお願い致します。