相模原市中央区のスズキバイクショップ。
スズキ新車バイク販売、中古車販売、各種メンテナンス、カスタムなど

042-752-3804

日刊☆三代目

GSX250R、エンジン警告灯点灯!のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、光石研さんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

あるある(・∀・)
レモンサワーのCMに出られてますね!
バイプレイヤーズとしても大活躍!!!
お誕生日おめでとうございます!

先日、GSX250Rでエンジン警告灯の点灯修理をご依頼頂きました!

早速履歴をチェックすると、
GP(ギヤポジション)センサー回路の不良

ということでギヤポジションセンサーを交換していきます!
右のカウルを取り外します!

白い三角のカプラーがセンサーのカプラーです!
センサー自体は左側なのに、わざわざこちらまで配線が来てるんですね(・ω・)

ビニール紐を通し、配線の通しを記録します!

クランクケース裏を通っており、非常に狭いです(・ω・)

メインのセンサーを取り外します!

スプロケットカバーを開け、

こちら!
大体がシフトレバーの根元にあります。

取れました(・∀・)

オイル交換も同時に頼めれましたが、抜くと強烈なオイル希釈!
燃料や水が混入してしまってるんですね。
燃料希釈は万病の元です。

オイルフィルターも同時交換!
こちらもすごいです(・ω・)

できる限り抜き切るために、しばらく放置です。

スプロケットカバーを清掃!

ピカピカ(・∀・)

新品のギヤポジションセンサー!
古いものは線傷が入ってますね。

こういう時は念の為、ピンとスプリングも交換しておいた方がいいです。
小さい部品で安い上に要なので。

新品のピンとスプリングを組み付け!

センサーを取り付けます!

通しておりたビニール紐をくくりつけ、

引っ張り上げます!

エンジンオイルを入れ、オイル量を調整!

ギヤをガチャガチャやり、問題がないことを確認します!

最後に故障コードを消して、

作業完了!
毎回コードは消去しないと残ってしまい、残ると次回の点灯時に困るので、毎回消すようにしてもらいましょう。

と、GSX250Rには珍しい?修理でした!
2012年あたりの頃のモデルは割と故障の多い箇所でしたが、最近は見なくなりましたね。
ジクサーあたりは何件かやったことがありますが、それも多いという感じではないです。

上にも書いた通り、オイル希釈は万病の元!
オイル管理や日々の暖気運転などを心がけるようご注意ください。

急なトラブルで驚きましたね。
これからのアドバイスなども僕らなりにでき、良かったかと思います。
相棒といいお付き合いができるようサポートさせて頂きます!

この度は、ご依頼ありがとうございました!!!

アドレス125、ハザードお取り付け!のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、KANさんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

愛は勝つですね(・∀・)
生まれ年のヒット曲です!
そう聞くと親近感が湧くので、大好きな曲の一つ(・∀・)

先日、アドレス125でハザードのお取り付けをご依頼頂きました!

お客様から「このフタの所にスイッチ付かないかな?」とご相談!
うーん、付かないことはなさそう!

と、早速試してみることに!

外して、ゴニョゴニョと!

付きました(・∀・)

こちら!

スイッチはスウィッシュのものを使用!
ハマりは一部ハマりきりません。
お客様に聞くと、こういうキットがネットで出ているみたいですね。
それを買う方が近道かもしれませんが今回はオリジナルで作ってみました!
してやれないことはないです(・ω・)

点滅(・∀・)

点滅動画はこちら!!!

こちらは少し大変な作業となるので、工賃は若干高めです。
また、基本的には当店ご購入者様限定で考えているので、その点ご容赦くださいませm(__)m

今回は挑戦をさせて頂き、ありがとうございますm(__)m
こういったどうだろうというご注文は勉強になります!
これからもどんどんとご依頼下さいませ!

この度は、ご依頼ありがとうございました!!!

GSX-R1000R、P.E.O製ゼロポイントシャフトお取り付け!のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、イジリー岡田さんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

ペロペロ芸でお馴染み!
最近はコロナだからか、そういったものも見れなくなりました(・ω・)
またあの名人芸が見れる日を楽しみにしております!
お誕生日おめでとうございます!

車検でご入庫のGSX-R1000RにP.E.O製ゼロポイントシャフトをお取り付けさせて頂きました!

👇👇👇先日までの記事はこちらから👇👇👇

アクスルシャフト交換なので、フロントホイールを取り外します!

クロモリアクスルシャフトといえば、こちら「ゼロポイントシャフト」
当店激推し商品です!

重さを比較!
いつも測っているので、今回も!
参考程度でご覧ください。
わかりやすいものがこれしかないので。

インナーチューブの下側を綺麗にします!

ピカピカ(・∀・)

ホイールセンサーを綺麗にし、取り付けます!

お次はリヤ!

こちらも同じく、ゼロポイントシャフト!
黒いシャフトがかっこいいですね!

「MADE IN NARA JAPAN」というのも地元を大事にする気持ちが素敵です(*・ω・)

精度の良さがここまで影響するのか!と驚かされる一本!

シャフトを比較します!

重さも。

お取り付け!

黒いスイングアームと相まって、締まった雰囲気でかっこよさ倍増です!!!

と、車検整備から異音修理、カスタムまで色々とご依頼頂きました!
車検ももちろん合格で、ご納車となりました!
GSX-R1000Rに関しても色々とご依頼頂くことが増えたので、色々なことにお答えできるかと思います!
ご購入検討の方、お乗りの方はぜひお気軽にご相談くださいませm(__)m

今回は盛りだくさんのご依頼ありがとうございました!
頼って頂けることが嬉しく、ついつい手が込んでしまい、時間がかかってしましましたm(__)m
また今後もよろしくお願いいたします!

この度は、ご依頼ありがとうございました!!!

GSX-R1000R、ETCお取り付け!のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、鈴木雅之さんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

以前も書いたかもしれませんが、世代ではないものの大好きな歌手です!
歌唱力がすごく、聴いていて心地いいですし、カッコイイ!
ファーストテイクも出られていたので、あとで見てみようかな(・∀・)
お誕生日おめでとうございます!

今回車検でご入庫頂いたGSX-R1000Rですが、ETCのお取り付けもご依頼頂きました!

👇👇👇先日までの記事はこちらから👇👇👇

国内仕様でないとETCは標準でないので、別途のお取り付けが必要となります!

ETC車載器は国内の純正採用で日本無線製ETC2.0車載器「JRM-21」
当店はミツバサンコーワ推しではあるものの、純正採用のものの方が要領がわかるので今回はこちらを選択!

早速お取り付けをしていきます!
まずは、アッパーカウルの取外し!

先日の記事では元に戻ってますが、同時進行だったためにバラバラに逆戻り!

これだと一見、ETCを取り付けているなんて思わないですよね。
僕も思いません(・ω・)

配線の通しを考えていきます!

ETC車載器は色々と取り付けを頑張りましたが、ここが安パイということでここに落ち着きました!

と思うと、カプラーが少し当たります!

ガッツリと当たってますね。

ここがいらない!
ということで許可を頂き、削ります。

こっちは。

うーん、様子見ですね(・ω・)
ここの部品が国内とは違うのかな(・ω・)?

アンテナを設置していきます!
国内モデルのETC関係の部品は基本取れません。
(取れないと言うと語弊はあるのですが、不用意には取れないだけで、取り寄せる方法はあるので、お乗りの方はご安心を。)
なので、代用品を探し、それを取り付けていきます!

ちょうどいいのがありました!
こちらを固定!

上にアンテナを貼り付けます!

いいですねぇ(・∀・)

インジケーターはこちら!

走行会などでサーキットも走られるとのことで、カウル内に顔を伏せることもあるかと思い、
その際、インジケーターのランプが目に入らないよう、あえて見えづらい向きに。

電源は途中から取ることにしました!

配線を通していき、本体の固定をしていきます!

ファスナー(マジックテープ)は国内モデルのものを取り寄せ!

こちらも同様です!

設置できたら、カウルを取り付け、様子を伺います!

具合よく付いたかな?

センターのカウルを外し、中を確認!

良さそうですね(*´▽`*)

カウルを付けたり外したりして、配線が見えないように場所を配置して、完成です!

と、写真も多くなく、少しあっさりとした記事かもしれませんがいかがでしょうか?
国内に付いているからあっさりと付くだろうと思いきや、色々と大変でした(;^^)
記事はあっさりでも作業自体は濃いものでした(・ω・)

ですが、無事に取り付き、一安心です(*´▽`*)

こちらのGSX-R1000Rも明日で最終回となります!
では明日もよろしくお願いいたしますm(__)m

GSX-R1000R、ガラガラカラカラ音がする。のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、大本彩乃さんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

ノッチです!でない方ののっちさん!
Perfumeもだいぶ大人になり、カッコイイ大人の音楽になってきましたね!
色々な所で聞きますし、聞くと少しテンションが上がります(・∀・)
お誕生日おめでとうございます!

車検でお預かりのGSX-R1000Rですが、
ガラガラやカラカラと音がするというご相談もお受けしました!

👇👇👇昨日までの記事はこちらから👇👇👇

ガラガラやカラカラと音がする。
音の感じからいえば、「乾式クラッチのような音」と言えば近いかもしれませんね。
(あれはガラガラではないのですが。)

原因は、エキゾーストバルブでエキパイ側に付いている
「スズキエキゾーストチューニングアルファ(SET-A)」
と言われる部分から音がしております。

それはケーブルの調整で解消するので、それを行っていきます!

ここが本家本元のエキゾーストバルブ!
ポピュラーなものですね!

前から後ろに伸びているケーブルがSET-Aのケーブルです!
スズキのマニュアル上はNo.3と書かれているので、それで統一します!

マフラーエンド側のケーブルを調整するのに排気デバイスを調整位置に持っていきます。
それを確認するために、リヤフェンダーを取り外します!
外す理由は、動く部分が下を向いてるが故のです(´ω` )トオイメ

これで調整位置になりました!
ここまでしっかりと確認しなくても、いい気もしますが、初めての作業でしたので、まずはセオリー通りに。

コンピューター診断機を繋ぎます!

一応、故障履歴も確認!

確認が終わったら、このSDS-Ⅱで排気バルブを動かします!
コンピューター診断機はこんなこともできるんです(・∀・)!

まずは、全閉!

電圧による測定
こちらは基準値内です!

お次は全開!
こちらは基準値ギリギリなので、調整を行います!
その際は、「調整位置にして調整、測定位置にして測定」を繰り返します!

いい具合になりました!

念のため、全閉も再測定!
片側を調整すると、もう片側が大幅にずれることがあるので!
少しずれたものの、これくらいであればOKですかね(・∀・)

一応最後にコードの確認!

今回の原因とされるNo.3のケーブルも調整し、音がおさまりました!

異音もなくなり、ご機嫌な状態となりました!

動画がなく、音が伝えられないのですが、音がデカくなると、「ガラガラ」「カラカラ」となります。
小さい音ですと、「シャラシャラ」「カチカチ」という感じのイメージです。

あくまでも僕の聞こえ方なので、参考程度でお考え下さいませ。

こちらの車両はまだまだご依頼事を頂けたので、続きはお休み明けに!

では(´▽`)

GSX-R1000R、車検整備!②のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、高山善廣さんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

最初に知ったのは、魁!!クロマティ高校の映画だったので、特徴的な俳優さんかと思ってました!
体格からすると、プロレスラーなのはわかりきっているのですが(・ω・)
今はケガをされ、リハビリに励んでいるそうで。
みんなから愛されるレスラー!帝王の復活を祈っておりますm(__)m
お誕生日おめでとうございます!

先週の記事の続きでGSX-R1000Rの車検整備を進めていきます!

👇👇👇前回の記事はこちらから👇👇👇

エアクリーナーボックスを取り付けますが、その前に清掃!

綺麗になりました(・∀・)

フタを付け、

配線等々を元に戻したら、こちらは完了!

レバーの清掃・給油!

クラッチレバー組付け時は遊びを基準値で合わせます!

ブレーキフルードの交換!

綺麗なフルードは握り具合も良い感触です(*´▽`*)

リヤも交換!

透明過ぎて見えづらいですが、しっかりと量も合わせていきます(・ω・)

ブリーダーがサビサビでしたが、これだけを交換するとなると大変なので、
キャリパーオーバーホール時に交換ですかね。
ピストンシールもそうですが、こういった構成部品もその時に交換すると後々良いですよ!

抜き口に残ったフルードを吸い取ります!

フロントスプロケット周りを綺麗にします!

スペースもないので、できる限りにはなりますが…(・ω・)

ドライブチェーンは調整・清掃

給油を行います!

スプロケットカバーも軽く清掃!

ピカピカ(・∀・)

サイドスタンドも動きが悪い場合は外して清掃・給油をするようにしております!

ピカピカ(・∀・)

最後にご依頼頂いたエンジンオイルの交換!
当店としては、珍しく「モチュール300V」をご注文頂きました!
ワコーズ推しの当店ですが、他メーカーのオイルもお取り寄せできますので、
お気軽にご用命くださいませ(´▽`)

と、車検整備は完了したのですが、他のトラブルやご依頼事もあるので、それは次回書かせて頂きます!

では(*´▽`*)

GSX-R1000R、車検整備!①のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、鳥取県の県民の日 !

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

1881年のこの日、島根県から分離して鳥取県が再び設置され、現在の鳥取県が誕生したところからだそう!
県に施設が無料開放されるみたいです?
こういう日を狙っての旅行も一つですかね(・∀・)
ちなみに、神奈川県民の日は関東圏で唯一ないそう(・ω・)ナゼ!!

先日、GSX-R1000Rの車検整備をご依頼頂きました!

逆輸入のGSX-R1000R!

早速カウルを取り外し、フロントブレーキのメンテナンス!

キャリパー清掃!

パッドを取り外し、ピストンを清掃!

ピカピカ(・∀・)

パッドやスプリングも

ピカピカ(・∀・)

綺麗になったキャリパーは機能面も大幅に向上!

反対側もやっていきます!

パッドを取り外し、ピストン清掃!

ピカピカ(・∀・)

構成部品も

ピカピカ(・∀・)

こちらも綺麗になりました!
輝き方が違います(*・ω・)

リヤ周りのチェック!
こちらは他にご依頼ごともあったので、後日記事で載せさせて頂きます!

タンクを取り外し、エンジン周りのチェック!

エアクリーナーボックスを取り外していきます!

パカッ(・∀・)

ボックスが取り外せました!

シュシュっとエアーでゴミを飛ばしたら、プラグキャップを取り外します!

キチンとあった位置に戻すため、整列!

また、シュシュっと清掃!

プラグを取り外します!

異常はなさそう!
イリジウムは清掃不可なので、交換しないようであればそのまま戻します!
省略できる項目ですが、一応外してチェックや締め付けを行います!
いるいらないは意見の分かれる作業ですが、個人的には必要かと思います(・ω・)

キャップも気になるので、少し清掃!

綺麗になったかな(・ω・)?

と、まだ続きますが長くなりそうなので、続きは明日!

ではでは〜(*・ω・)ノシ

ジクサーSF250、ハザードお取り付け!のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、欧陽菲菲さんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

ラヴ・イズ・オーヴァーは知ってますが、名前はグループ魂の曲で知りました(・ω・)
あれは欧陽菲菲!きっと欧陽菲菲!
曲中に何回名前が出てくるのか(・ω・)
お誕生日おめでとうございます!

先日、ジクサーSF250へハザードのお取り付けをご依頼頂きました!

外装を取り外し、スイッチボックスの交換!

こちらがハザード付きハンドルスイッチ!

純正がこれで

こうなります!
(ピントがズレており、申し訳ございません。)

純正流用なので、スッキリ(・∀・)

点灯!

こちらも点灯!

古い動画ですが、点滅はこちらの動画にてご参考下さい(´▽`)

こちらの車両はLEDウインカーへの交換もご依頼頂きましたが、それは別記事で書かせて頂きたいのでまた今度!

ご遠方からのご依頼ありがとうございました!
ここからお付き合いが始まったかと思うと少し感慨深いです(´▽`)
今後ともよろしくお願いいたします!

この度は、ご依頼ありがとうございました!!!

👇👇👇その他のハザードお取り付け記事はこちらから👇👇👇

JOG ZR、ドライブVベルト交換!のお話。

皆さま、こんにちは!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

先日、JOG ZRでドライブVベルトの交換をご依頼頂きました!

いつ見てもスタイリッシュ!

早速作業です!

カバーを開けようとボルトを緩めると先端が…(((´ω`)))

ネジのキリコ?まで…!

心配ですが、とりあえず進みます。

カバーを開けます!

中身を取り出し、

清掃!

スズキのものと違い、清掃が簡単です(・ω・)

今回、社外プーリーへの交換もご依頼頂きました!

キタコ製のものをご注文頂きましたが、納期が合わず、KN企画製のものへ変更!

イージーハイスピード!

こういうのっていくつになってもワクワクしますよねー( ´ ▽ ` )

純正との比較!

ちょっとデカいかな(・ω・)?

付属のウエイトローラーとダンパ!

ヤマハは少し変わった形をしてます(・ω・)

ウエイトローラーは裏表なさそう(・ω・)

組み付け!

車体へ取り付けます!

クリアランスがギリギリで絶妙です!

クラッチハウジングの清掃!

ピカピカ(・∀・)

シュー周りもチェックしながら、清掃です!

ピカピカ(・∀・)

新品のベルトを組んでいきます!

三ツ星製!

向きに注意です!

新品との比較!

ちょっと細いかなーって感じですね!

組み付け!

ダラーンとなっているベルトを

張ります!

向きの最終チェック!

最後にギヤオイルの交換です!

ヤマハはここに特別なオイルを使ってます。

と言っても、要は車で言うデフオイルっぽいです(・ω・)

規定量入れれば、OKのタイプ!

抜く口と入れる口に新しいパッキンを取り付け、締めつけ!

と、これで試乗をし、問題がなければ、ご納車となります

スタイルも乗り味も本格的なスクーターで楽しませて頂きました( ´ ▽ ` )

この度は、ご依頼ありがとうございました!!!

GSR250、FIランプ点灯!のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、松本人志さんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

とにかく面白い(・∀・)
いまだに色々なことへチャレンジをし続ける姿勢は本当に尊敬します!
僕もそういう風になりたいなぁ(´▽`)
お誕生日おめでとうございます!

先日、GSR250でFIランプが点いたとご相談を頂きました!

最近見る機会も減ってしまいましたが、僕は大好きな機種です(*´▽`*)

さっそく見てみると、確かに点灯しております。

コードはP1650「イグニッションスイッチ信号系統異常」ですね。
GSR250ではよく見るコードです。

早速キーの交換ですが、キーの交換にも選択肢があります。
①メインキー、タンクキャップ、シート開閉のすべてを交換
②メインキーのみ交換

保証であれば、もちろん①なのですが、保証切れの有償修理ですと、②も選択肢の一つかと思います。
ただ、タンクキャップとシートの開閉が別のキーになるので、その点は注意が必要かと。

ということで、今回は②のパターンで交換!
サクッと交換をします(・∀・)

エンジンオイルの交換もご依頼頂いたので、そちらも合わせて!

オイルフィルターはもちろん純正を使用!

組み上げた後にETCの作動チェック!
「パス」なので、OKです(・∀・)

最後は故障コードの履歴を消去します!

これが残っていると、次回修理時に困ってしまうこともあるので、必ず消しておきましょう!

と、カギ関係なので、サラッとした記事ですが、いかがでしょうか?

FIランプが点灯=キーシリンダー
というわけではないので、何が点いたのかしっかりと確認する必要があります!
また、それに惑わされないことも必要なので、そこも注意です!

思わぬトラブルで焦りましたが、キチンと直り一安心ですね!
古くなると色々と出てきますが、よいバイクのGSR250!
長く付き合えるようサポートさせて頂きます(*´▽`*)

この度は、ご依頼ありがとうございました!!!