相模原市中央区のスズキバイクショップ。
スズキ新車バイク販売、中古車販売、各種メンテナンス、カスタムなど

042-752-3804

日刊☆三代目

レッツバスケット、シャッターが開かなくなってしまった。のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、カルーセル麻紀さんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

喧嘩っ早く怖いというイメージがありますが、意外と小柄なんですね!
今でこそ、理解のある世界ですが、当時は色々と苦労されたそうで。
それでも自身を貫かれたのが本当にすごいです。
お誕生日おめでとうございます!

先日、レッツバスケットでシャッターが開かない!とご相談を頂きました!

早速確認をすると、ここまでしか出ません!

車体右側で引っかかってます。

シャッターの左右のカバーを外してみると、

巻が甘くなり?それが引っかかります。

バラしてみないとわかりませんね。

ということで外していきます!

まずは、バスケットの底のカバーを開け、

こちらのクリップを取り、カバーを外します!

後はスクリューを外せば、

バスケットが取り外せます!

久しぶりで要領がわからず、Sマークのカバーを外しましたが、関係ありませんでした(・ω・)

というより、なぜ外れるんだろう(・ω・)

これでいよいよシャッターが外れます!

外れました!

バスケットもシャッターもないレッツバスケットは少し新鮮(・∀・)

シャッターをバラして原因を探ります!

まずは、裏返して、

このスクリューを外していきます!

そうすると、シャッターの端っこが取れます!

お次はカバーを取り外します!

シャッターの幕とステーだけになりました!

よく見てみると、

幕のストッパー部分が切れて、外れかけてました!

これが絡んでたんですね(・ω・)

スクリューを取ると、

ステーが外れ、

シャフトも外れ、バラバラになりました!

今回は幕の交換だけで何とか直りそう( ´ ▽ ` )

新品の幕を取り寄せます!

通常はこんな感じなんですね(・ω・)

シャッターの手持ち部分を組み立て、

ステーも組みたて、

カバー入れながら、組み付けると、シャッターの完成!

急な完成ですが、組み立てが上手くいかず焦っていたので写真が少なくなってしまいました(´ω` )

シャッターを車体に取り付け、

バスケットも取り付けたら完成!!!

最後に、シャッターがちゃんと出てきて

巻取られて戻るかを確認します!

問題がなければ、こちらでご納車となります!

初めてシャッターをバラしましたが、やってみると案外簡単なものですね!
仕組みを考えながらやると、なるほどと納得します(・∀・)

今回は新車保証でご負担なくでき、良かったです!
これだから、新車は安心ですね( ´ ▽ ` )
また何かありましたら、ご相談下さい!

この度は、ご利用ありがとうございました!!!

レッツ、ドライブVベルトなどの消耗品交換!のお話。

皆さま、こんにちは!

今日からレギュラー記事!

相模原のスズキバイクショップ

AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

これからレギュラーの記事ですので、今日からが本番みたいなものです(・ω・)
書きながら改善などをしていくので、そういうのも楽しんで頂けると嬉しいです(`・ω・´)

先日、

レッツでドライブVベルトやスパークプラグなどの消耗品交換

をご依頼頂きました!

画像がでかい(・ω・)
最初の記事は何がいいだろうと考えてましたが、
うちといえば原付!と思い、現行モデルのレッツの記事にしました!

早速作業です!

まずは、バッテリー充電!
チェッカーで良好ですが、このうちからの充電は効果的なので、しっかりと元気を付けてもらいます!

お次は、ベルトを交換するのに、駆動系を開けていきます!
パカッ(・∀・)

中身を全て取り出します!

そしたら、清掃!
ピカピカ(・∀・)

ファイナルギヤオイルを抜き取ります!

新しいオイルを少し入れ、古いものを流します!
少し入れるだけで綺麗なオイルが出てくるので、状況に応じてやるようにしてます(`・ω・´)

流すために入れた新しいオイルを含め、抜いている間にスパークプラグを交換していきます!
この小さい穴を覗くと、

プラグキャップの頭が見えてきます!
車体の大きさの関係上ギリギリなので、ご自身でやられる時は怪我に注意です!

交換していきます!
だいぶ先端が減ってますね!
50ccクラスですと、8,000kmも乗ると、目で見てわかるくらい減っているので、
それくらいが限界かもしれませんね。

プラグの交換が終わったら、ギヤオイルの注入をします!

ギヤオイルの油面を安定させている間にエアクリーナーフィルターを交換していきます!

中身を取り出し、ケース内を清掃!

新品に交換です!
色が全然違いますね!
エアクリーナーフィルターの違いにはいつも驚かされます(・∀・)

と、ギヤオイルの油面が落ち着いたら注入口にフタをします!

中の部品を清掃していきます!
ピカピカ(・∀・)

もちろんウエイトローラーは新品です!!!
向きに注意です!!!

お次は、クラッチシュー側!

ハウジングも清掃です(・∀・)
ピカピカ(・∀・)

スターターピニオンも掃除し、

新しいベルトを組み付けていきます!

前後のナットを規定トルクで締め付け、

ベルトを張ります!

ベルトは回転方向があるので、そこも注意が必要です!

カバーをする前に、キックスターターの部品を綺麗にして、
ピカピカ(・∀・)

グリスを塗りなおし、組み立てます!

クラッチのクーリングフィルターを綺麗に清掃し、フタをします!

最後に充電しておいたバッテリーを取り付け、全工程が完了です(`・ω・´)ゝ

これでしばらくは安心して乗ることが出来そうですね(*´▽`*)

消耗品はしっかりと交換推奨時期での交換をオススメ致します(*^^*)

これからも何かありましたら、ご相談お待ちしております\(^^)/

この度は、ご利用ありがとうございました!!!