相模原市中央区のスズキバイクショップ。
スズキ新車バイク販売、中古車販売、各種メンテナンス、カスタムなど

042-752-3804

日刊☆三代目

GSX-R1000、冷却水交換!のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、峯岸みなみさんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

最近はバラエティで大活躍!
女子メンタルの初代チャンピオン!
最近はめでたい話題もありましたね!
お誕生日おめでとうございます!

ご依頼頂いたGSX-R1000の作業もいよいよ最後の作業となりました!
今回は冷却水を交換していきます!

ウォーターポンプのホースを取外し、冷却水を抜いていきます!

手前と奥のホースを取り外します!

スクリューはこちら|ω・)チラッ

抜くと、ジョボジョボと出てきます!

奥のホースからもジョボジョボと!

ラジエーター キャップを外すと、さらに

ジョボボボボボと出てきます(・ω・)ジョボボボボボ

ラジエーターからお水を入れ、中の余分な冷却水を洗い流します!

洗い流し用のお水が抜けるのを待っている間に、予備タンク(リザーバータンク)側も抜きます!

タンク本体を取り外し、ホースを取ります!

チョロチョロチョロと出てきます!

下側に溜まった汚れが見えるかな(・ω・)?

綺麗なお水を入れ、振って洗浄します!

できる限り綺麗になりました!

ホースも、抜けきったかな?という段階になったら取り付けます!

装着(・∀・)

ラジエーター に冷却水を入れていきます!

スーパーロングライフクーラント!
通称「SLLC」!
だった気がします(・ω・)

希釈済み商品なので、入れていきます!

エア抜きの確認は二か所から行えます!

ウォーターポンプ側から頭が10mmのボルト

もう一か所は、タンクを上げた

奥の方にあります!
頭にプラスが切ってある8mmのボルトです!

入れてはエアを抜き、 入れてはエアを抜き を繰り返します!

空気が出てこなくなったら、リザーバータンクにも注入し、

エンジンをかけます!

その時にしっかりとラジエーターが温まってくるかを確認します!

ヌクヌクとなるのを確認したら、お次は電動ファンの確認!

ONとOFFになる条件を確認します!
大体のモデルが、「105℃を越えるとON、100℃を下回るとOFF」なような気がしますね(・ω・)

105℃!

作動を確認 (`・ω・´)

99℃!

停止を確認(`・ω・´)

これを数回確認し、一晩冷まします!

最後に冷却水の量を確認、調整し、作業が完了となりました!

長くお付き合い頂いたGSX-R1000の作業も全て完了!
これで試乗をし、問題がないことを確認し、ご納車となりました!

見やすい様に記事を分けてみましたがいかがでしたでしょうか?
お乗りの方はご参考頂けると幸いです(*´▽`*)

今回もまとめてのご依頼ありがとうございましたm(__)m
少しお時間を頂きながらしっかりと作業をさせて頂きました!
また楽しく安全にお楽しみ下さい(*・ω・)

この度は、ご利用ありがとうございました!!!

GSX-R1000、スパークプラグやエアクリーナー交換!のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、大西ライオンさんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

しーんぱーいないさー(・∀・)
ハクナマタタ(・∀・)
ハクナマタタ(・∀・)
お誕生日おめでとうございます!

GSX-R1000はまだ続きます!
プラグ、エアクリーナーフィルター、エンジンオイルの交換もご依頼頂きました!

シートを取り外し、

タンクを持ち上げます!

エアクリーナーボックスの蓋を開け、

ラッパのようなファンネル部やホース、取り付けボルトを取り外します!

そうすると、エアクリーナーボックス本体を取り外します!

これでプラグへアクセスできるようになりました(・∀・)

エアブローをし、ゴミなどを飛ばします!

プラグキャップを取り外し、

いよいよプラグを取り出していきます(・∀・)

取り外せました!

同じような焼け方ですね(・ω・)

何となく、丸く減っているのが分かりますかね(・ω・)?

数年前からプラグの箱がスズキ仕様になっていてカッコいいです(・∀・)

新品と比較してみます!

こうやって見比べると分かりやすいかな(・ω・)?
まん丸くなってますね(`・ω・´)

4本とも締め込みます!

プラグキャップを取り付け!

エアクリーナーボックスを取り付ける前に

ボックス内をできる限り綺麗にしていきます!

ん(・ω・)?

ハエさん…!
迷い込んでしまったんですね(・ω・)

このくらいかな(・ω・)?

ホースや

カプラーを取り付け、

エアクリーナーボックスを着座させます!

ファンネルもできる限り綺麗にします!

お取り付け!

エアクリーナーフィルターの交換!

新品との差にいつも驚きます!
しっかりと仕事をしてくれている証拠ですね!

お取り付け!
向きに注意!

蓋をし、タンクを下げ、

オイル交換!
オイルを抜き取り、新しいオイルを注入!

エンジンを回し、

油面が落ち着いたところで

規定量まで足し、作業完了(*・ω・)

プラグやエアクリーナーは走りや燃費に大きく影響してきます!

定期的な交換をオススメ致します( ´ ▽ ` )

長くお付き合い頂いたGSX-R1000の記事も次回で最後となります!
明日はイベント開催日でお休みとなりますので、ご注意下さいm(_ _)m
それでは、月曜日からよろしくお願い致します\( ‘ω’)/

GSX-R1000、フロントブレーキパッド・ブレーキフルード交換!のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、洋服記念日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

お洋服の記念日だそうですよ(・ω・)
しかも、1972年制定と少し歴史のある記念日!
1872年のこの日、「礼服ニハ洋服ヲ採用ス」という太政官布告が出され、
それまでの公家風・武家風の和服礼装が廃止されたところからだそう!

GSX-R1000の作業はまだまだ続きます!
今回はブレーキパッドの交換とブレーキフルードの交換もご依頼頂きました!

ブレーキパッドを取り外す前にエアブローで汚れを軽く飛ばします!

これでも十分綺麗になった感じはしますね(・ω・)

パッドを取り外し、清掃!

ピカピカ(・∀・)

パッドスプリングも取り外し、綺麗にし、

取り付けます!

新品のパッドと外したバッドを比較します!

半分くらい(・ω・)?

組み付け!

反対側も交換していきます!

まずは、エアブロー!

パッドを取り外し、清掃!

ピカピカ(・∀・)

こちらも新品と比較!

こちらも半分くらい(・ω・)?

組み付け!

パッド交換を終えたら、ブレーキフルードを交換していきます!

色がまっちゃっちゃです(・ω・)

使用するのは、ワコーズ「BF4」
少し前まではスズキ純正を使ってましたが、こちらの方が透明なので、こっちに変更しました!

シューっと抜いていきます!

抜く口がキャリパー裏側にあるので、少しやりづらいです(・ω・)

交換完了!

ダイヤフラムはもちろん新品に!

これでキチンとキャップをし、作業完了です!!!

ブレーキも新しくなり、これでまた一安心です(*´▽`*)

と、まだまだ作業は続きますので、明日もよろしくお願いします(`・ω・´)ゝ

GSX-R1000、前後タイヤ交換!のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、マギー審司さんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

三番弟子だったんですね!
テレビでの露出も多いので、意外でした(・ω・)
お誕生日おめでとうございます!

フロントフォークのオーバーホールをご依頼頂いたGSX-R1000で
前後タイヤの交換もご依頼頂きました!

まずは、フロント!

車体から外して、

チェンジャーに取り付け、

タイヤを取り外します!

タイヤカスの付いたホイールを綺麗にします!

ピカピカ(・∀・)

タイヤは好みがあり、BRIDGESTONE「RS11」をご指定頂きます!
安定感のあるブリヂストンです(*・ω・)

新品との比較!

タイヤ溝の少ないタイヤですが、こうやって見比べると多く見えますね(・ω・)

組み込み完了!

RACING STREETの文字がかっこいい(・∀・)

お次はリヤタイヤ!

こちらもいっぱい使ってもらえて、タイヤとしては嬉しい一生でしたでしょうね(・∀・)

ホイールを取り外し、

タイヤチェンジャーにセット!

ホイールからタイヤを取り外し、エアバルブをチェックすると、気になる亀裂が!

交換です!!!
切り取り、

新しいものを

取り付け!
これで安心です(*´▽`*)ホッ

ホイールのフチを綺麗にします!

ピカピカ(・∀・)

タイヤはフロントと同じBRIDGESTONE「RS11」!

新品との比較!

ホイールにタイヤを組み込み、

前後とも、ホイールバランスを取ったら、

車体に組み付けます!
まずは、フロント!
漏れ修理をしたサスペンションを取り付け、

フェンダーを取り付けます!

オイルシールを綺麗にし、

ピカピカ(・∀・)

ホイールを取り付けます!

サスペンションの調整を記録した位置で戻し、フロントは組み付け完了!!!

お次はリヤタイヤ!
ホイールを組み付け、

チェーンの調整

清掃

給油を行います!

これで前後共に組み付きました(・∀・)

新しいタイヤに新しいオイルのフロントフォーク!

新しいタイヤにしっかりとメンテナンスの施されたチェーン!

走りが変わるに違いありません(・∀・)!

楽しみですが、まだまだ作業をお受けSているので、まだ続きます!!!

では、明日もお付き合いをよろしくお願いします(*´▽`*)

GSX-R1000、フロントフォークオイル漏れ修理!②のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、えなりかずきさんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

テレビ露出は少ないものの、モノマネが多いので、見ないという感じはないですね(・ω・)
役得っすな(・ω・)
お誕生日おめでとうございます!

バラしたフロントフォークを清掃し、組み上げていきます!

まずは、スプリングカラーを清掃!
ピカピカ(・∀・)

本来の白さを取り戻しました(・∀・)

部品で見ると、Oリングがサスペンション内にあるはずなのに見当たらないと思っていたら、

ピストンリングの奥に隠れてました(・∀・)

ということで清掃!
ピカピカ(・∀・)

インナーチューブも綺麗にします!
下側に汚れがたまっていることが多いので、しっかりと清掃します!

全て清掃が終わりました!

綺麗な部品は気持ちがいいですねぇ(*´▽`*)

しっかりと組み付けて参りましょう(`・ω・´)ゝ

作業当時、フロントフォークオイルが長期欠品だったので、ブレンドでオイルを作っていきます!

組み立て準備OK!

シールやメタル類は新品を組み付けていきます!

インナーチューブの先でシールを傷付けないように保護し、入れていきます!

ワッシャーは向きがあるので注意が必要です!

メタルを入れたら、

シールなどをゴッソリと圧入していきます!

圧入ができたら、ストッパーリングで留めます!

ダストシールを圧入し、

スプリングカラーやスプリングを順番に組み付けます!

これでオイルを入れ、

サスペンション内のエアを抜きをします!

反対側も同じ手順でしっかりと組み立て、

同じくオイルを入れ、エア抜きをします!

お次は、ピストンを組み立ていきます!

Oリングを入れ、

ピストンリングを入れ、

構成部品を組み立てます!

反対側も同じように組み立てます!

フロントフォークにピストンを組み付けていきます!

オイルを入れ、

再びエア抜きをします!

少し放置し、油面を安定させます!

反対側も同じように組み立て、オイルを入れ、エア抜きをします!

両側油面が安定したところで、オイルレベルを調整します!

この時に使っていたオイルレベルを調整する工具ではうまく測れなかったために、
工具を切ったり削ったりして、専用工具を作りました!
これで今後も同じ作業時はしっかりと油面が測れるので、便利になりそうです(*´▽`*)

両側とも、しっかりとレベルが合わせられたら、

キャップをします!

これで左右ともに組み立て完了です(`・ω・´)

ビッグピストンフロントフォーク(BPF)は、一癖も二癖もあるものの、
通常の倒立みたいなパワープレイは必要ないので、体的には少し楽です(・ω・)
HPでメンテナンス性に優れると書いてありましたが、やってみて納得です(・ω・)

これで車体に組み付けますが、その他にも作業をお受けしているので、
その記事を書いたら、組み付けていきます!

明日はお休みなので、続きはまた明後日!

またお付き合い下さい!
では(*・ω・)ノシ

GSX-R1000、フロントフォークオイル漏れ修理!①のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、アラン・ドロンさんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

伝説の二枚目俳優さんかと思っていたら、最近まで活躍されてたんですね!
でも、よく考えたらデヴィ夫人が会ったことあると話していたので、当たり前ですね(・ω・)
お誕生日おめでとうございます!

先日、GSX-R1000でフロントフォークの漏れ修理をご依頼頂きました!

こちらのモデルは長かっただけに、僕的にはThe・GSX-R1000というイメージ!

タイヤ交換や各部消耗品交換でお預かりしたのですが、
車両を移動させる際に見てみると、フロントフォークがジャバジャバ:(´◦ω◦`):

驚いてご連絡を差し上げると、もちろん修理でというお話になりました!
このモデルは自身お初!

早速作業の準備!
部品入荷の兼ね合いもあり、色々な作業を前後させながら進めていきます!

カウルを取り外し、

フロントをジャッキアップ!

ホイールを取り外し、

フロントフェンダーを取り外します!

これでフロントフォークを取り外す準備が完了!

これだけ漏れてても、飛散した量が少ないので、一気に突然漏れた感じですね。

ハンドルやフロントフォーク取り付けボルトを緩め、

フロントフォークを外します!

ハンドルを保護をし、避けておきます!

もう片側も取り外します!

取り外すと、大きなラジエータが見えます!
発生熱量もすごいですからね(・ω・)

早速バラしていきます!

下側のアジャスターの設定を記録し、

トップキャップを緩めます!

ロッドが見えてきました!
こちらは、ビッグピストンフロントフォーク(BPF)といい、
普通の倒立と少し違うので、その辺りも注意しながら作業を進めます!

こちらを特殊工具で緩めます!

そうすると、ニョキニョキと出てくるので、

取り出します!
こちらがビッグピストンですね(・ω・)

スプリングなども取り出します!

もう反対側も同じように分解します!

左右ともにスプリング回りが取り出せました!

お次は、ビッグピストンも分解していきます!

トップキャップを取り外し、

分解(・ω・)

左右ともにバラバラに!
これは構成部品も少なくないので、無くさないように注意です(・ω・)

最後はインナーチューブをアウターチューブから取り外します!

ダストシールをめくり、

オイルシールを留めているクリップを取り外します!

そしたら、ズボッと抜き取ります!

この辺りの構成部品は普通のフォークと一緒ですね。

メタルを取り外し、シール類も一気に取り外します!

反対側も同じように取り外します!

左右ともに分解完了!

ここから清掃に入りますが、長くなってしまうので、今日はここまで!

明日は清掃からです!

では(*・ω・)ノシ