相模原市中央区のスズキバイクショップ。
スズキ新車バイク販売、中古車販売、各種メンテナンス、カスタムなど

042-752-3804

日刊☆三代目

GSX-R1000R、P.E.O製ゼロポイントシャフトお取り付け!のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、イジリー岡田さんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

ペロペロ芸でお馴染み!
最近はコロナだからか、そういったものも見れなくなりました(・ω・)
またあの名人芸が見れる日を楽しみにしております!
お誕生日おめでとうございます!

車検でご入庫のGSX-R1000RにP.E.O製ゼロポイントシャフトをお取り付けさせて頂きました!

👇👇👇先日までの記事はこちらから👇👇👇

アクスルシャフト交換なので、フロントホイールを取り外します!

クロモリアクスルシャフトといえば、こちら「ゼロポイントシャフト」
当店激推し商品です!

重さを比較!
いつも測っているので、今回も!
参考程度でご覧ください。
わかりやすいものがこれしかないので。

インナーチューブの下側を綺麗にします!

ピカピカ(・∀・)

ホイールセンサーを綺麗にし、取り付けます!

お次はリヤ!

こちらも同じく、ゼロポイントシャフト!
黒いシャフトがかっこいいですね!

「MADE IN NARA JAPAN」というのも地元を大事にする気持ちが素敵です(*・ω・)

精度の良さがここまで影響するのか!と驚かされる一本!

シャフトを比較します!

重さも。

お取り付け!

黒いスイングアームと相まって、締まった雰囲気でかっこよさ倍増です!!!

と、車検整備から異音修理、カスタムまで色々とご依頼頂きました!
車検ももちろん合格で、ご納車となりました!
GSX-R1000Rに関しても色々とご依頼頂くことが増えたので、色々なことにお答えできるかと思います!
ご購入検討の方、お乗りの方はぜひお気軽にご相談くださいませm(__)m

今回は盛りだくさんのご依頼ありがとうございました!
頼って頂けることが嬉しく、ついつい手が込んでしまい、時間がかかってしましましたm(__)m
また今後もよろしくお願いいたします!

この度は、ご依頼ありがとうございました!!!

GSX-R1000R、ETCお取り付け!のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、鈴木雅之さんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

以前も書いたかもしれませんが、世代ではないものの大好きな歌手です!
歌唱力がすごく、聴いていて心地いいですし、カッコイイ!
ファーストテイクも出られていたので、あとで見てみようかな(・∀・)
お誕生日おめでとうございます!

今回車検でご入庫頂いたGSX-R1000Rですが、ETCのお取り付けもご依頼頂きました!

👇👇👇先日までの記事はこちらから👇👇👇

国内仕様でないとETCは標準でないので、別途のお取り付けが必要となります!

ETC車載器は国内の純正採用で日本無線製ETC2.0車載器「JRM-21」
当店はミツバサンコーワ推しではあるものの、純正採用のものの方が要領がわかるので今回はこちらを選択!

早速お取り付けをしていきます!
まずは、アッパーカウルの取外し!

先日の記事では元に戻ってますが、同時進行だったためにバラバラに逆戻り!

これだと一見、ETCを取り付けているなんて思わないですよね。
僕も思いません(・ω・)

配線の通しを考えていきます!

ETC車載器は色々と取り付けを頑張りましたが、ここが安パイということでここに落ち着きました!

と思うと、カプラーが少し当たります!

ガッツリと当たってますね。

ここがいらない!
ということで許可を頂き、削ります。

こっちは。

うーん、様子見ですね(・ω・)
ここの部品が国内とは違うのかな(・ω・)?

アンテナを設置していきます!
国内モデルのETC関係の部品は基本取れません。
(取れないと言うと語弊はあるのですが、不用意には取れないだけで、取り寄せる方法はあるので、お乗りの方はご安心を。)
なので、代用品を探し、それを取り付けていきます!

ちょうどいいのがありました!
こちらを固定!

上にアンテナを貼り付けます!

いいですねぇ(・∀・)

インジケーターはこちら!

走行会などでサーキットも走られるとのことで、カウル内に顔を伏せることもあるかと思い、
その際、インジケーターのランプが目に入らないよう、あえて見えづらい向きに。

電源は途中から取ることにしました!

配線を通していき、本体の固定をしていきます!

ファスナー(マジックテープ)は国内モデルのものを取り寄せ!

こちらも同様です!

設置できたら、カウルを取り付け、様子を伺います!

具合よく付いたかな?

センターのカウルを外し、中を確認!

良さそうですね(*´▽`*)

カウルを付けたり外したりして、配線が見えないように場所を配置して、完成です!

と、写真も多くなく、少しあっさりとした記事かもしれませんがいかがでしょうか?
国内に付いているからあっさりと付くだろうと思いきや、色々と大変でした(;^^)
記事はあっさりでも作業自体は濃いものでした(・ω・)

ですが、無事に取り付き、一安心です(*´▽`*)

こちらのGSX-R1000Rも明日で最終回となります!
では明日もよろしくお願いいたしますm(__)m

GSX-R1000R、ガラガラカラカラ音がする。のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、大本彩乃さんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

ノッチです!でない方ののっちさん!
Perfumeもだいぶ大人になり、カッコイイ大人の音楽になってきましたね!
色々な所で聞きますし、聞くと少しテンションが上がります(・∀・)
お誕生日おめでとうございます!

車検でお預かりのGSX-R1000Rですが、
ガラガラやカラカラと音がするというご相談もお受けしました!

👇👇👇昨日までの記事はこちらから👇👇👇

ガラガラやカラカラと音がする。
音の感じからいえば、「乾式クラッチのような音」と言えば近いかもしれませんね。
(あれはガラガラではないのですが。)

原因は、エキゾーストバルブでエキパイ側に付いている
「スズキエキゾーストチューニングアルファ(SET-A)」
と言われる部分から音がしております。

それはケーブルの調整で解消するので、それを行っていきます!

ここが本家本元のエキゾーストバルブ!
ポピュラーなものですね!

前から後ろに伸びているケーブルがSET-Aのケーブルです!
スズキのマニュアル上はNo.3と書かれているので、それで統一します!

マフラーエンド側のケーブルを調整するのに排気デバイスを調整位置に持っていきます。
それを確認するために、リヤフェンダーを取り外します!
外す理由は、動く部分が下を向いてるが故のです(´ω` )トオイメ

これで調整位置になりました!
ここまでしっかりと確認しなくても、いい気もしますが、初めての作業でしたので、まずはセオリー通りに。

コンピューター診断機を繋ぎます!

一応、故障履歴も確認!

確認が終わったら、このSDS-Ⅱで排気バルブを動かします!
コンピューター診断機はこんなこともできるんです(・∀・)!

まずは、全閉!

電圧による測定
こちらは基準値内です!

お次は全開!
こちらは基準値ギリギリなので、調整を行います!
その際は、「調整位置にして調整、測定位置にして測定」を繰り返します!

いい具合になりました!

念のため、全閉も再測定!
片側を調整すると、もう片側が大幅にずれることがあるので!
少しずれたものの、これくらいであればOKですかね(・∀・)

一応最後にコードの確認!

今回の原因とされるNo.3のケーブルも調整し、音がおさまりました!

異音もなくなり、ご機嫌な状態となりました!

動画がなく、音が伝えられないのですが、音がデカくなると、「ガラガラ」「カラカラ」となります。
小さい音ですと、「シャラシャラ」「カチカチ」という感じのイメージです。

あくまでも僕の聞こえ方なので、参考程度でお考え下さいませ。

こちらの車両はまだまだご依頼事を頂けたので、続きはお休み明けに!

では(´▽`)

GSX-R1000R、車検整備!②のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、高山善廣さんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

最初に知ったのは、魁!!クロマティ高校の映画だったので、特徴的な俳優さんかと思ってました!
体格からすると、プロレスラーなのはわかりきっているのですが(・ω・)
今はケガをされ、リハビリに励んでいるそうで。
みんなから愛されるレスラー!帝王の復活を祈っておりますm(__)m
お誕生日おめでとうございます!

先週の記事の続きでGSX-R1000Rの車検整備を進めていきます!

👇👇👇前回の記事はこちらから👇👇👇

エアクリーナーボックスを取り付けますが、その前に清掃!

綺麗になりました(・∀・)

フタを付け、

配線等々を元に戻したら、こちらは完了!

レバーの清掃・給油!

クラッチレバー組付け時は遊びを基準値で合わせます!

ブレーキフルードの交換!

綺麗なフルードは握り具合も良い感触です(*´▽`*)

リヤも交換!

透明過ぎて見えづらいですが、しっかりと量も合わせていきます(・ω・)

ブリーダーがサビサビでしたが、これだけを交換するとなると大変なので、
キャリパーオーバーホール時に交換ですかね。
ピストンシールもそうですが、こういった構成部品もその時に交換すると後々良いですよ!

抜き口に残ったフルードを吸い取ります!

フロントスプロケット周りを綺麗にします!

スペースもないので、できる限りにはなりますが…(・ω・)

ドライブチェーンは調整・清掃

給油を行います!

スプロケットカバーも軽く清掃!

ピカピカ(・∀・)

サイドスタンドも動きが悪い場合は外して清掃・給油をするようにしております!

ピカピカ(・∀・)

最後にご依頼頂いたエンジンオイルの交換!
当店としては、珍しく「モチュール300V」をご注文頂きました!
ワコーズ推しの当店ですが、他メーカーのオイルもお取り寄せできますので、
お気軽にご用命くださいませ(´▽`)

と、車検整備は完了したのですが、他のトラブルやご依頼事もあるので、それは次回書かせて頂きます!

では(*´▽`*)

GSX-R1000R、車検整備!①のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、鳥取県の県民の日 !

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

1881年のこの日、島根県から分離して鳥取県が再び設置され、現在の鳥取県が誕生したところからだそう!
県に施設が無料開放されるみたいです?
こういう日を狙っての旅行も一つですかね(・∀・)
ちなみに、神奈川県民の日は関東圏で唯一ないそう(・ω・)ナゼ!!

先日、GSX-R1000Rの車検整備をご依頼頂きました!

逆輸入のGSX-R1000R!

早速カウルを取り外し、フロントブレーキのメンテナンス!

キャリパー清掃!

パッドを取り外し、ピストンを清掃!

ピカピカ(・∀・)

パッドやスプリングも

ピカピカ(・∀・)

綺麗になったキャリパーは機能面も大幅に向上!

反対側もやっていきます!

パッドを取り外し、ピストン清掃!

ピカピカ(・∀・)

構成部品も

ピカピカ(・∀・)

こちらも綺麗になりました!
輝き方が違います(*・ω・)

リヤ周りのチェック!
こちらは他にご依頼ごともあったので、後日記事で載せさせて頂きます!

タンクを取り外し、エンジン周りのチェック!

エアクリーナーボックスを取り外していきます!

パカッ(・∀・)

ボックスが取り外せました!

シュシュっとエアーでゴミを飛ばしたら、プラグキャップを取り外します!

キチンとあった位置に戻すため、整列!

また、シュシュっと清掃!

プラグを取り外します!

異常はなさそう!
イリジウムは清掃不可なので、交換しないようであればそのまま戻します!
省略できる項目ですが、一応外してチェックや締め付けを行います!
いるいらないは意見の分かれる作業ですが、個人的には必要かと思います(・ω・)

キャップも気になるので、少し清掃!

綺麗になったかな(・ω・)?

と、まだ続きますが長くなりそうなので、続きは明日!

ではでは〜(*・ω・)ノシ

GSX-R1000、ステムベアリング交換!②のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、ノッチさんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

ノッチで〜す!のノッチさん!
のっちです!の方ではないですよ(・ω・)
って毎年言ってる気が…(・ω・)
お誕生日おめでとうございます!

昨日書かせて頂いたGSX-R1000のステムを組み付けていきます!

👇👇👇これまでの記事はこちらから👇👇👇

新品のベアリング、レース、オイルシールを組み付けます!
原付クラス以外はベアリングとレースはセットの販売となります!

新品のレースをアンダーブラケットに圧入します!

シール共々、圧入完了!

ステアリングダンパーを組み付けたら、準備は完了!

フレーム側も上下、レースを打ち込みます!

そうしたら、耐圧に優れているグリスを塗りこみ、

組み付け!

アジャストナットで調整を行います!

ロックナットを締め付けたら、アッパーブラケットを元に戻し、

外した部品を戻していきます!
まずは、フロントフォーク!

そしたら、アッパーブラケットのナットを締め付けます!

ハンドル等々も元に戻し、

ホイールを組み付けます!
全ての部品を元に戻したら、試乗をし、問題がなければご納車となります!
組み立ては、文字にするとあっという間ですね(・ω・)
実際は組み付けの際の約束事は多いですが(・ω・)

取り外したベアリングやレース!
取り外した部品も綺麗にし、ご納車時にご覧頂けるようにしております!

すこーしだけキズがありました!

大きいレースも小さいレースもボール跡がありますね。

ベアリングは綺麗にすれば。という感じでした。

上側も細かいキズは多目でしたね。

なかなか気付きづらいステムベアリングの不良。
距離もそうですが、年数などでも交換するのは良いかもしれません。
ただ、気付きづらいが故に何が良くなったかはわかりづらいですが(^^;)

曲がる時に違和感を感じたら、ご相談下さいませ!

いつもご依頼ありがとうございます!
今回は、前後共に少し大掛かりなメンテナンスとなりましたね!
運動性能が回復したバイクでお楽しみ下さいませ(´▽`)

この度は、ご利用ありがとうございました!!!

GSX-R1000、ステムベアリング交換!①のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、かき氷の日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

今時期美味しいかき氷!
今年のおうち時間はかき氷パーティーでもしようかな(・∀・)
手動の機械ならすごい安く買えますしね!
ちょっと妻に相談だ(`・ω・´)

先日、記事を書かせて頂いたGSX-R1000の記事の続きです!
ステムベアリングの交換もご依頼頂きました!

👇👇👇先日の記事はこちらから👇👇👇

早速作業です!

まずは、安定している接地状態で各部を緩めておきます!

トップブリッジのナットを緩めます!

ホイールを取り外し、

フロントフェンダーを取り外し、

フロントフォークも抜き取ります!

ここから本格的にステム周りをバラしていきます!

まずは、トップブリッジ!
スズキの部品名称では、アッパーブラケットと言います(・ω・)

これでいよいよバラバラになります!

特殊工具でナットを緩めていきます!

まずは、ロックナット!

その後にアジャストナットを緩めると、ステムが外れます!
こちらは部品名称では、アンダーブラケットといいます(・∀・)

フレーム側のベアリングやシール、レースを抜き取ります!

シールを外すと、上側のベアリングが顔を出します!

レースを丁寧に抜き取ります!

アンダーブラケット側のレース、シールも抜き取ります!

これがちょっと大変です!

隙間がないので、色々なタガネを駆使し、隙間を作り、抜きます!

抜けました!
面を綺麗にし、新しいシールやレースを圧入していきます!

と、ここからまた少し続くので、続きはまた明日!
組み上げていきます(`・ω・´)
では(*・ω・)ノシ

GSX-R1000、ドライブチェーン・前後スプロケット交換!②のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、妻のお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

妻のお誕生日です(・∀・)
明日の定休日は妻の好きなことセットで楽しみたいと思います(´▽`)
お誕生日おめでとう!

昨日の続きでドライブチェーンを組み付けていきます!

👇👇👇昨日の記事はこちらから👇👇👇

チェーンはいつものRKチェーン!
信頼と実績のあるメーカーさんです(・∀・)

530X-XWのブラックメッキ!
スタンダードの鉄チェーンよりメンテナンスがシビアではないので、めんどくさがり屋さんにはメッキチェーンがオススメです(´▽`)

かっちょいい(・∀・)

チェーンを一周通します!

これだけでもカッコイイ(・∀・)

ジョイントで繋ぎ、Oリングを入れます!

プレートを圧入していきます!
緊張の瞬間!

真っすぐ入っていることを確認しながら、すこしづつ入れていきます!

メーカー指定の圧入量は、「工具の裏側にジョイントの先端が当たればOK」だそう!

ですが、圧入量もしっかりと確認しながら入れていきます!

圧入が終わったら、カシメ作業!
ジョイントの先端を潰し、プレートを固定していきます!

こちらは規定の大きさがあるので、潰れている量を確認しながら作業を進めます!

カシメも完了(`・ω・´)ゝ

エンジンスプロケットを締め付け、スピードセンサーのローターを取り付けます!

フロントスプロケットカバーもできる限り綺麗にし、組み付けます!

スピードセンサーも、もちろん綺麗にします!
ここはチェーンオイルや砂利などで汚れますからね(・ω・)

チェーンを調整したら作業完了です(`・ω・´)ゝ

黒いスイングアームに黒いチェーンは締まって見え、カッコよさ倍増です!
ルックスだけでなく、性能ももちろんUPで車両の動かしもだいぶ軽くなりました!
新品のチェーンは良いなぁと思う瞬間です(*´▽`*)

使えるから。というのもありですが、ある程度の距離や年数での交換をオススメしたい部品です!
是非、ご参考下さい(*^^*)

と、作業を別でもお受けしているので、それはまた明後日!

明日は定休日となります!
ご注意下さい(*・ω・)*_ _)ペコリ

GSX-R1000、ドライブチェーン・前後スプロケット交換!①のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、ラーメンの日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

ラーメンを初めて食べた水戸光圀のお誕生日にちなんでだそうで、7をレンゲ、11をお箸に見立ててるそう!
初めてのラーメンってどんな感じだったんでしょうね(・∀・)
麺とスープだけなのかしら(・∀・)
気になります(・ω・)

先日、GSX-R1000でドライブチェーンと前後スプロケットの交換をご依頼頂きました!

早速作業です(・∀・)

左右ともにカウルを外します!
(別の作業もあるため)

スプロケットカバーを開けます!
このぎゅっとした感じが良いですね(・∀・)

スピードセンサーローターを取り外し、

スプロケットナットを取り外します!

これでいつでも取り外せます!

チェーンの切断です!

サンダーでプレート表面を削ります!

ツルン(・ω・)

特殊工具で切断!

ホイールを回し、シュルシュルシュルとチェーンを取り外します!

フロントスプロケットも取り外します!
(スズキ名称では、エンジンスプロケットと言います。)

ホイールを取り外し、

スイングアーム裏をできる限り綺麗にします!

リヤブレーキキャリパーの清掃もご依頼頂いたので、行います!

ピカピカ(・∀・)

その他構成部品も綺麗にします!

リヤスプロケットを交換していきます!

取り外し!

新品との比較!

んー、減りがわかる感じ?

交換完了(`・ω・´)ゝ

エンジンスプロケットも交換!

新品との比較!

んー、こちらも若干減ってる?

スプロケットを取り付け、

新品のロックナットで締め付け!

一旦は仮留めです!

と、前後スプロケットまで交換し終わったので、次回はチェーンを組み付けていきます!

では、続きますー(*・ω・)*_ _)ペコリ

GSX-R1000、クラッチケーブル交換、シフトレバー交換!のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、福士蒼汰さんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

「愛してたって、秘密はある。」は良い役でしたね!
少し前ですが、いまだに印象に残ってます!
色々な役ができる魅力的な俳優さんで大好きです(・∀・)
お誕生日おめでとうございます!

先日、GSX-R1000のクラッチケーブル交換、シフトレバー交換をご依頼頂きました!

キリッとした顔のGSX-R1000です!

早速交換していきます!
まずは、ケーブル!

左カウルを持ち上げ、

タンクを上げたら、

取り外します!

右カウルは取外し!

ケーブルの付け根エンジン側は、おくーの方に居ます!

色々と取り外したり、ずらしたりしてスペースを作ります!

ケーブル、レバー側を取り外します!

通しを確認しながら外していきます!

新品のケーブルを取り付けていきます!

エンジン側を取り付け、

元の通りに通していきます!

上まで来ました!

クラッチレバーの遊びを調整!
エンジン側で大きく調整し、

レバー側で微調整!
レバー側で調整しろを残しておかないと、乗り手が簡易的に調整できないので、そうします!

外した部品やずらした部品を元に戻します!

これで、ケーブル交換は完了\(^^)/

お次は、シフトレバー!
ちなみに、スズキの場合、シフトペダルとは呼ばず、
シフトレバーと呼ぶので、僕はそれで統一して呼んでます(・∀・)

ツーリング先でボール部分が折れてしまったそうで、緊急用で持っていた針金で対応し乗ってこられました!

まずは、ギヤシフトユニットを取り外し、

針金をほどきます!
スパンと切ったように折れてます…(^_^;)

ボール部分だけでは出ないので、シフトレバーで交換!

大まかな位置を調整し、

サークリップでお取り付け!

付きました!

ご納車時に微調整をして、お渡しとなります(*´▽`*)

シフトレバー折れでご入庫され、切れたら困る!ということでクラッチケーブルも交換となりました!
出先での思わぬトラブル、困ってしまう前の交換は賢明かと思います!
使えるからいいや。ではなく、一定期間で可動部は交換するのもオススメです\(^^)/

いつもご依頼ありがとうございます!
今回は思わぬトラブルで驚きましたね!
次回は無理せずにレッカーや僕らをお呼び下さいませm(__)m

この度は、ご利用ありがとうございました!!!