相模原市中央区のスズキバイクショップ。
スズキ新車バイク販売、中古車販売、各種メンテナンス、カスタムなど

042-752-3804

日刊☆三代目

GSX-S750、フロントフォークオイル漏れ修理!②のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、福島善成さんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

ガリットチュウの福ちゃん!
最近はテレビで大活躍で、パリスヒルトンのモノマネ時代が懐かしい!
エンタ全盛時代から面白かったので、色々な番組で見れることが嬉しいです(・∀・)
お誕生日おめでとうございます!

前回の続きでバラして清掃したフロントフォークを組んでいきます!

👇👇👇前回の記事はこちらから👇👇👇

新品のインナーチューブ!

フロントフォークオイルは「スズキ純正L01」を使用!

キャップに少しだけだし、塗りながら組んでいきます!

まずは、シリンダーという部品を組み付け、

インナーチューブの先端を保護し、

オイルシールを入れます!

組付け準備の整ったインナーチューブと

アウターチューブを接続し、オイルシールを圧入します!

クリップで固定!

ダストシールを入れ、

組み立て完了(`・ω・´)ゝ

フォークオイルを入れ、

特殊工具を使い、フロントフォーク内のエアを抜きます!

油面が落ち着くまで少し放置!

反対側も

順番に

組付けて

いきます!

それはそうと、左右で

シリンダーが違うので、注意が必要です!

反対側のフォークもエア抜きをします!

油面が落ち着いたところで、油面の調整を行います!

ジュジュっと(・ω・)

調整ができたら、スプリングを入れ、

シリンダーにナットを取り付け、

カラーなどを装着し、

特殊工具で押し下げ、プレートを入れます!

バラバラにしたのと逆の順番に組み付けます!
当たり前ですが(・ω・)

キャップを取り付け、

特殊工具を取り外し、

組み立て完了!

反対側も同じように組み付けていきます!

左右ともに組めたら、車体にフロントフォークを組み付けます!

フロントフェンダーを組み付け、

ホイールを取り付けます!

車体を下ろし、

しっかりと

もろもろを締め付けます!

最後にホイールセンサーを綺麗にし、作業は完了!

これで漏れがないことを確認し、ご納車となります!

GSX-S750は他の倒立とは違い少し癖がありました。
そのせいで少し時間を多く頂いてしまいましたが、次回からは大丈夫かと思います!
日々勉強です(´ω` )
漏れなどはよく見てみないとわかりませんが、洗車時などよく観察してみて下さい!

今回は多くのご依頼ありがとうございました!
また、少しでもご負担を減らす工夫ができ、喜んで頂けて何よりですm(__)m
今後もよろしくお願いいたします!

この度は、ご依頼ありがとうございました!!!

グラディウス400、1年半乗っていないバイクの車検整備!⑤のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、芦田愛菜さんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

芦田愛菜だよ!
がなぜかやしろ優さんの方で再生されます(・ω・)
むしろ、芦田愛菜だよって言ったことあるんですかね(・ω・)
お誕生日おめでとうございます!

グラディウス400の車検整備もそろそろ終わりに近づいてきました!

ダストシールのひび割れが酷く、漏れが発生する可能性があり、そうなったら作業しましょうか?
とご相談したところ、「折角なのでやって欲しい」とフロントフォークのシール交換もご依頼頂きました!

ヘッドライトを取外します!

結構スペースが取れるようになりました(・∀・)

フロントホイールとフロントフェンダーを取り外します!

前側がスッキリです(・∀・)

ここでようやくフロントフォークが外れます!

早速バラシていきます!

サビと汚れがすごいですね(・ω・)

オイルを抜き取ります!
オイルはそれほど汚れてませんでした。
どこかでやったんですね。

反対側も!

こちらは若干白く、乳化している感じ?

ダストシールをめくり、

インナーチューブを留めているボルトを取り外します!

インナーチューブが取れました!

ひび割れたダストシール。
フニフニでダストシールとしての役目を果たしておりませんでした(^^;)

分解完了(`・ω・´)ゝ

下側から留まっているボルトのガスケットが片側ない!と思ったら、張り付いてました。

取り外すと、再使用したのか凹みがすごい(・ω・)

細かいガスケットでもその都度交換を!

ボルトも舐めており、緩むか不安でしたが何とかなりました(・ω・)

ここから清掃していきます!

オイルの汚れに対して、部品の汚れが酷い気がしますね(・ω・)

フロントフォークキャップもバラして、サビを落とします!

ピカピカ(・∀・)

筒も

ピカピカ(・∀・)

汚れを落とし、元に戻します!

インナーチューブの清掃時、縦キズを発見!
細かく上下に磨きキズ?がありました。
以前のオーバーホール時に起こったキズだと思われます。

漏れはなく、爪も引っ掛かることがなかったので、そのまま使用することとなりました。

動くものに関しては、動く方向と直角方向に磨くのがいいです。
動く方向に磨いてしまうと、キズになった場合、漏れてしまうからです。

気になるサビを

落とし、

ピカピカに磨き上げます!

その他の部品も綺麗にできたら、

脱脂をし、乾燥させます!

ここで組み付けていきますが、まだ長くなるので、今日はここまで!

明日は組み立てです!
では(・ω・)ノシ