相模原市中央区のスズキバイクショップ。
スズキ新車バイク販売、中古車販売、各種メンテナンス、カスタムなど

042-752-3804

日刊☆三代目

アドレスV125S、ブレーキをかけるとグググと引っかかる。のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、菅広文さんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

ロザンの整っている担当の方ですね(・∀・)
ネタはあまり見たことないのですが(・ω・)
お誕生日おめでとうございます!

先日、アドレスV125Sでブレーキ修理をご依頼頂きました!

ブレーキをかけると、「グググ」と引っかかる感じがあり、お話させて頂き、その修理でした。

原因はブレーキのマスターシリンダー!
修理内容としては、ブレーキマスターシリンダーのオーバーホールをさせて頂きます!

早速外装を取り外し、

マスターシリンダーのキャップを開けます!

フルードの量を記録し、抜き取ります!

そうすると、マスターシリンダーが取り外せます!

ブレーキレバーで押す、ピストンを抜き取ります!
部品名ですと、ピストンカップセットといいますね(・ω・)

お湯を使い、ジャバジャバと洗います!
ブレーキ周りの洗浄は水を使えるのが楽でいいですね(・∀・)

清掃完了(`・ω・´)ゝ

新しいピストンカップセットを

挿入!

レバーも新品にします!

レバーも減って、先が平らになっているのがわかりますかね(・ω・)
「グググ」というのが、ブレーキレバーとピストンの減りによるもののパターンが多いので、
オーバーホール時はブレーキレバーの同時交換もオススメしております。
状態によっては、少し慣らして再使用ということもありますが。

これが

新品だとこうです!

マスターシリンダーを取り付け、レバーも取り付けたら

ブレーキフルードを入れ、ホース内やマスターシリンダー内の空気を抜きます!

エア抜きが完了したら、外装を戻し、ブレーキがしっかりと効くことを確認したら作業完了です!

こちらの不具合は意外と気付きづらく、いよいよのところまでわからないという方が多いです。
ご説明すると、「あ!確かに!」となるので、僕らが気が付くとお話をするようにしております。

悪化すると、ブレーキを握っているのにブレーキがかからない(ピストンを上手く押せていない状況)となり、非常に危険です。
ご自身のバイク、今一度スムーズにブレーキレバーが握り込めるかをご確認ください!
あと、こちらは定期交換部品となっておりますので、時期でのメンテナンスもオススメです(´▽`)

今回は別修理からの再ご入庫でした!
いつもありがとうございます!
また何かありましたらご相談下さいませ!

この度は、ご依頼ありがとうございました!!!

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です