相模原市中央区のスズキバイクショップ。
スズキ新車バイク販売、中古車販売、各種メンテナンス、カスタムなど

042-752-3804

日刊☆三代目

GSX-R1000、フロントフォークオイル漏れ修理!①のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、アラン・ドロンさんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

伝説の二枚目俳優さんかと思っていたら、最近まで活躍されてたんですね!
でも、よく考えたらデヴィ夫人が会ったことあると話していたので、当たり前ですね(・ω・)
お誕生日おめでとうございます!

先日、GSX-R1000でフロントフォークの漏れ修理をご依頼頂きました!

こちらのモデルは長かっただけに、僕的にはThe・GSX-R1000というイメージ!

タイヤ交換や各部消耗品交換でお預かりしたのですが、
車両を移動させる際に見てみると、フロントフォークがジャバジャバ:(´◦ω◦`):

驚いてご連絡を差し上げると、もちろん修理でというお話になりました!
このモデルは自身お初!

早速作業の準備!
部品入荷の兼ね合いもあり、色々な作業を前後させながら進めていきます!

カウルを取り外し、

フロントをジャッキアップ!

ホイールを取り外し、

フロントフェンダーを取り外します!

これでフロントフォークを取り外す準備が完了!

これだけ漏れてても、飛散した量が少ないので、一気に突然漏れた感じですね。

ハンドルやフロントフォーク取り付けボルトを緩め、

フロントフォークを外します!

ハンドルを保護をし、避けておきます!

もう片側も取り外します!

取り外すと、大きなラジエータが見えます!
発生熱量もすごいですからね(・ω・)

早速バラしていきます!

下側のアジャスターの設定を記録し、

トップキャップを緩めます!

ロッドが見えてきました!
こちらは、ビッグピストンフロントフォーク(BPF)といい、
普通の倒立と少し違うので、その辺りも注意しながら作業を進めます!

こちらを特殊工具で緩めます!

そうすると、ニョキニョキと出てくるので、

取り出します!
こちらがビッグピストンですね(・ω・)

スプリングなども取り出します!

もう反対側も同じように分解します!

左右ともにスプリング回りが取り出せました!

お次は、ビッグピストンも分解していきます!

トップキャップを取り外し、

分解(・ω・)

左右ともにバラバラに!
これは構成部品も少なくないので、無くさないように注意です(・ω・)

最後はインナーチューブをアウターチューブから取り外します!

ダストシールをめくり、

オイルシールを留めているクリップを取り外します!

そしたら、ズボッと抜き取ります!

この辺りの構成部品は普通のフォークと一緒ですね。

メタルを取り外し、シール類も一気に取り外します!

反対側も同じように取り外します!

左右ともに分解完了!

ここから清掃に入りますが、長くなってしまうので、今日はここまで!

明日は清掃からです!

では(*・ω・)ノシ

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です