相模原市中央区のスズキバイクショップ。
スズキ新車バイク販売、中古車販売、各種メンテナンス、カスタムなど

042-752-3804

日刊☆三代目

GSX-R1000、冷却水交換!のお話。

皆さま、こんにちは!

今日は、峯岸みなみさんのお誕生日!

相模原のスズキバイクショップ
AUTO☆ALPHA KOIDEの三代目です。

最近はバラエティで大活躍!
女子メンタルの初代チャンピオン!
最近はめでたい話題もありましたね!
お誕生日おめでとうございます!

ご依頼頂いたGSX-R1000の作業もいよいよ最後の作業となりました!
今回は冷却水を交換していきます!

ウォーターポンプのホースを取外し、冷却水を抜いていきます!

手前と奥のホースを取り外します!

スクリューはこちら|ω・)チラッ

抜くと、ジョボジョボと出てきます!

奥のホースからもジョボジョボと!

ラジエーター キャップを外すと、さらに

ジョボボボボボと出てきます(・ω・)ジョボボボボボ

ラジエーターからお水を入れ、中の余分な冷却水を洗い流します!

洗い流し用のお水が抜けるのを待っている間に、予備タンク(リザーバータンク)側も抜きます!

タンク本体を取り外し、ホースを取ります!

チョロチョロチョロと出てきます!

下側に溜まった汚れが見えるかな(・ω・)?

綺麗なお水を入れ、振って洗浄します!

できる限り綺麗になりました!

ホースも、抜けきったかな?という段階になったら取り付けます!

装着(・∀・)

ラジエーター に冷却水を入れていきます!

スーパーロングライフクーラント!
通称「SLLC」!
だった気がします(・ω・)

希釈済み商品なので、入れていきます!

エア抜きの確認は二か所から行えます!

ウォーターポンプ側から頭が10mmのボルト

もう一か所は、タンクを上げた

奥の方にあります!
頭にプラスが切ってある8mmのボルトです!

入れてはエアを抜き、 入れてはエアを抜き を繰り返します!

空気が出てこなくなったら、リザーバータンクにも注入し、

エンジンをかけます!

その時にしっかりとラジエーターが温まってくるかを確認します!

ヌクヌクとなるのを確認したら、お次は電動ファンの確認!

ONとOFFになる条件を確認します!
大体のモデルが、「105℃を越えるとON、100℃を下回るとOFF」なような気がしますね(・ω・)

105℃!

作動を確認 (`・ω・´)

99℃!

停止を確認(`・ω・´)

これを数回確認し、一晩冷まします!

最後に冷却水の量を確認、調整し、作業が完了となりました!

長くお付き合い頂いたGSX-R1000の作業も全て完了!
これで試乗をし、問題がないことを確認し、ご納車となりました!

見やすい様に記事を分けてみましたがいかがでしたでしょうか?
お乗りの方はご参考頂けると幸いです(*´▽`*)

今回もまとめてのご依頼ありがとうございましたm(__)m
少しお時間を頂きながらしっかりと作業をさせて頂きました!
また楽しく安全にお楽しみ下さい(*・ω・)

この度は、ご利用ありがとうございました!!!

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です